キノコ

ナラタケの食べ方、料理についてご紹介!!!

春から秋にかけて広葉樹から針葉樹に発生しやすいナラタケ!人気が高いことで、様々な地方での名前が多いことで有名。なによりも味が良いことでも愛されているが、消化が悪いことで1日にたくさん食べると消化不良を起こすの注意が必要。
2019.06.07
キノコ

ヤマブシタケの効果は認知症予防!

見た目は”うさぎ、そうめん”っぽい「ヤマブシタケ」だが、成分にヘリセノン、エリナシンが含まれており、効果としてNGF神経成長因子を促進するため認知症の予防に期待できますね!ただし、味や食感にはあまり期待できない、、、
2019.06.07
キノコ

ハナイグチの食べ方やレシピ!あまったら冷凍保存!

9月に入り少し気温も下がり始める時期にカラマツ林の林内の地上にハナイグチが育ちますね。なんといっても歯切れがよく、良いだしが出るのが特徴的なキノコ!そして長期保存でき、おいしく食べられるのも珍しいところ!
2018.10.30
キノコ

ヒトヨタケのササクレヒトヨタケの見分け方!お酒、食べると危険な理由

ヒトヨタケ(一夜茸)は名前の通りでカサが開くと一夜にして自分のカサをどろどろに溶かし、胞子を流し落とすというキノコ。このキノコには、小ぶりん、アセトアルデヒドから拡散へ分解するため食事には注意しなくてはいけないことが多い
2019.06.07
キノコ

シモフリシメジとネズミシメジの見分け方!美味しい料理にするには湯を通すこと!

シモフリシメジってどこにいつ出ているのかって?そんな風に思われるかも知れませんが、シモフリシメジは10月から11月の霜がでう寒い時期に針葉樹林や針広混交林などの地上にあらわれますね!食感や味が非常に美味しいのでオススメ!しかし、おなじキシメジ属のネズミシメジには有毒が含まれているため注意!
2019.06.07
キノコ

ホウキタケの見分け方、似ている仲間

ホウキやネズミの手と呼ばれるホウキタケだが非常に上等な使い勝手の良いキノコ!ただし、毒キノコのハナホウキタケ、キホウキタケと見た目が似ているキノコも存在しているために十分に気をつけなくてはいけませんね。
2019.06.07
キノコ

アミタケの見分け方、発生する時期について

アミタケは夏から秋にかけて育つ。クセのない風味で歯切れも良い、収穫量が多い時は塩漬けにすると一年は楽しめますね!ただし、ヌメリが影響してカサが外れやすいため、収穫する時は柄の部分を摘んで引き抜くように!
2019.06.07
キノコ

ジロールと呼ばれるアンズタケはノルカペラチン酸やセシウム137が含まれている

フランスではジロールとして陳情とされるアンズタケ!キノコ全体がアンズ色だが、アンズタケかと思いきやアンズの香りがゆえん!でも、香りはいいが毒成分が含まれていたら、セシウム137など放射線を吸収しやすい菌根菌だ!
2019.10.04
キノコ

食用ツチグリの分布や時期は?食べ方も教えて!!

誰も手を出さないのが食用として食べることができる「ツチグリ!」7月から11月まで収穫できるが、なによりも土の中で幼年期を過ごすために非常に見つけるのが難しい!そのためにキノコ痛しか手を出さないとされていますね!!
2019.10.04
キノコ

アミガサタケの食べ方!おいしい料理のお話!!

春から初夏にかけて草地に育つ食用アミガサタケ!日本では浜田食用する人が少ないが、ぜんぜん食べれますよ!ただし、火を通して食べないと肉質が脆いために期待できませんね。それから毒成分も含まれているために加熱処理が重要!
2019.06.07
タイトルとURLをコピーしました